銀行融資を断られた時、絶対にやってはいけないこと

やってはいけない

 

銀行融資を断られたとき、どのように対処しますか?
資金をあてにしていたのに融資がでないと非常に困りますよね。

このとき経営者が絶対にやってはいけないことがあります。また「これはやらない方がいいのかな」と思っていても、さほど問題にならないこともあります。

銀行融資を考えている方は、しっかりと目を通しておきましょう。

 

絶対にやってはいけないこと

高金利で資金調達する

高金利で資金調達をすることは絶対にやめましょう。

ほとんどの銀行は企業を「格付」しています。その格付によって融資限度額や金利などの融資条件を決めています。高金利で資金調達をすると、調達コスト(支払利息)が跳ね上がり格付が急落することがあります。格付は統計的なデータをもとに算出されていますが、調達コストが上がって格付が急落するということは、統計的に「倒産率が高くなる」もしくは「再起率が低くなる」と考えていいと思います。

こうなると銀行は新しい融資に踏み出せません。見方によっては、銀行が新しい融資を行わないから倒産率が高い(再起率が低い)と考えることもできますが、いずれにせよ、この悪循環にハマってはいけません。「二度と銀行から融資を受けない」という不退転の覚悟があれば別ですが、そうでなければ高金利の資金調達は絶対に避けるべきです。

そうは言っても、どうしても資金調達をしなければならないときもあるでしょう。そのときは「瞬間的なつなぎ資金」として借り入れを検討しましょう。

 

関連記事:
事業資金のための「カードローン」はアウトか?

 

苦情・罵倒

融資を断られて腹立たしい気持ちも分かりますが、それを担当者にぶつけても結果はくつがえりません。

また融資は一人で決めているわけではないので、特定の誰かをつかまえて苦情を申し立てるのは得策ではありません。次回の融資審査のことを考え、紳士的な対応を心がけましょう。

 

やってもいいこと

低金利の資金調達をする

低金利であれば、別のところから資金調達をしても問題ありません。「業績は問題ないが融資限度枠がいっぱいで新規融資ができなかった」というケースはよく起こります。他の金融機関で資金調達をするのもいいですし、小規模企業共済などの契約者貸付を利用するのもいいと思います。

リスケ

リスケとは、「リスケジュール(reschedule)」の略で、スケジュールを変更するという意味があります。金融機関で使われるリスケは、返済スケジュールの変更、つまり「毎月の返済額を減額する」という意味で使われます。

返済が難しくなると感じたら、早めにリスケをしましょう。リスケを先延ばしして手元資金を返済に充ててしまうよりは、早めにリスケして資金を社内にストックした方が安全です

再申込(事業計画の再考が必要)

一度融資を断られたとしても、その拒絶理由をしっかり分析し、現実的な対策を練った後ならば再申込をしても問題ありません。

再申込をするときは、事業計画書(再建計画書)を提出しておくと有利に働くことがあります。たとえ再申込が断られたとしても、計画通りに事業が進んでいるのであれば、次回の融資審査ではプラス材料となります。

 

 

以上で銀行から融資を断られたときの対処方法がお分かりいただけたと思います。

 

銀行の融資審査が通らないことはよくあります。
初めて融資を断られたときはショックを受けると思いますが、落ち着いて行動しましょう。

また融資を断られたときに慌てなくても済むように、日ごろから資金手当ての算段をしておくことも大切です。

 

 

今日はここまでにします。

お役に立てたでしょうか?

 

 

この記事を書いた人

maezono

前薗 浩也

中小企業診断士、1級ファイナンシャルプランナー技能士、MBA。

日本政策金融公庫で起業家・中小企業向けの融資審査に16年間従事。この間の支援実績は7,000社を大きく超える。
審査員時代、起業して数年で経営破綻していく事業者たちを目の当たりにする。審査員でありながら起業家・中小企業を上手く経営支援できない自分に思い悩み大学院へ進学。そこで「起業の成功要因」を研究し論文を執筆する。
独自に積み上げた知見に基づき、自らも起業。現在は全国の起業家・中小企業を対象に「新事業の立ち上げ・売上の定着化」に特化した支援活動を行う。

2017年、一人で起業する「一人起業家」を専門にサポートする起業家バンクを設立する。

 

 

 

この「起業家バンク」のwebサイトに掲載している記事は、
すべて前薗浩也が執筆または監修しています。

主に起業家・起業後5年以内の経営者に役立つ情報を発信しています。

 

これからも起業・経営に役立つ新着情報を受け取りたい方、個別相談をしたい方、無料セミナーに参加したい方はメールアドレスをご登録ください。メルマガでは最新の助成金・補助金情報を案内しています。都道府県ごとに実施する補助金が異なるので都道府県も一緒にご登録ください。全ては定期的に配信されるメルマガでご案内しています。その内容は次の通りです。

 

・起業・経営のお役立ち情報のご案内
・補助金の最新情報のご案内
・個別相談会、無料セミナーの優先案内

 

このブログを一通り読めば、起業力・経営力が必ず身につきます。

ただ記事数が多いので、一度に読むのは不可能です。スマホで空き時間に読むなど、学びのペースメーカーとして、メルマガを活用して下さい。

 


起業家バンクのwebサイトへ

 


起業家バンクでは「無料の個別相談会」を定期的に行っております!
日程等については起業家バンクFacebookにてご確認ください。無料の個別相談はメール、Skype、チャットワークなどでも対応しています。お気軽にご相談ください!


ブログ内の記事に関するご意見や不適切な表記については、info@kigyouka-bank.com にご連絡ください。当社にてご申告内容を確認したうえ、調査させていただきます。